本文へスキップ

そもそも不動産の競売とは何なのかを知っておきましょう。

不動産の競売

不動産競売

不動産の競売は名古屋人好み?/不動産競売

この競売とは土地や住宅を扱っている不動産屋で物件を購入するのではなく、 裁判所が窓口となって物件を入手するので素人が利用するにはちょっと難易度が 高いというのが、不動産業者の見解となっております。 なぜ裁判所かというと、融資の担保に土地や建物を設定していたものが返済が 滞り、差し押さえられてしまった物件を扱うのが裁判所になるからです。 そこで売却された物件は落札金として現金化され、債務を埋めるような形になります。 質屋で預けていた質草が流れるような感じだと言えばわかりやすいでしょうか。 お金を返せなくなったらこれを差し出します、それを返済に当ててください、 担保とはそんな意味合いがあるのですが、不動産を差し押さえただけでは金銭 にはならないので債務の額は減らせません。 現金化しないと話は進まないためあまり時間をかけずに処分する必要があるの ですが、競売にかけられる物件が安い理由はそこに隠されています。 じっくり待って高値で買ってくれる相手を探す余裕がないのです。


相場よりも安い!

競売の物件は普通に購入するよりも格段に安いのですが、それはトラブルが発生 する可能性があるのも安さの原因になっています。 落札と通常の取引とでは条件が異なり、アフターケアもなければ引渡し前の 清掃やリフォームもまず期待できません。 それどころか手に入れた物件に占有者が住みついたまま、ということまで想定して おかなければならないのが落札物件なのです。 占有者にとってその不動産が競売にかけられるのは不本意なことでしょうし、 お金が返せないからそうなったわけですので引越し先も費用も無い、といった事 は充分に考えられることなのです。 腕力で無理矢理追い出すことはできませんし、立ち退き交渉をしたり法的手続き で解決するのですが、それには経験や技術、そしてお金と時間を要すでしょう。 その間の維持費や管理費は新たに所有者になった者が責任を持って支払わなければ なりませんし、そうしたことも含めて安いのです。 このように面倒なことも多いですが、安く買えるのなら、と名古屋市民なら積極的 に競売に参加しようとするでしょう。


専門家でなくても参加可能

過去には「競売はプロでなければ手を出すべきではないよ、素人が扱えきれる 物件ではないし手続きも大変だからね」と言われていましたが、現在では専門業者 ではない方でも競売物件を手に入れることが簡単になってきました。 対象となる物件が増える、つまり差し押さえられた物件が増加したため法律の 改正が行われ、随分と安全に落札することが出来るようになったのです。 それでも素人にはまだ難しいので、競売代行業者を使い手続きやらを一切任せて 安く不動産を手に入れる一般人が増えた、と言ったほうが正しいかもしれません。 多少の制限はありますが個人でも入札はできますし、普通に住宅を欲しがっている サラリーマンや注文住宅のための土地を探している会社役員などでも、競売代行 を業者に依頼して安くゲットするようになってきたのです。 これなら手続きに詳しくなくても業者に報酬を支払うことで、相場よりもかなり お安く不動産を手に入れられるので嬉しいですね。